無印iPad第9世代は見送ろう、もう少し第7世代のままでいいや

9月15日にAppleの発表会がありましたね。

世間では新しいiPad miniが盛り上がってますが、その中で無印iPadの発表もありました。

場合によっては無印iPad第9世代に買い替えようと思ってたのですが、見送ることにしました。

理由は簡単、買い替える理由が薄いからです。

目次

新しい無印 iPad 第9世代ってこんな感じ

第9世代 iPad スペック

スクロールできます
iPad 第9世代iPad 第8世代
チップA13 BionicA12 Bionic
容量64GB 256GB32GB 128GB
ディスプレイRetina 10.2インチ True ToneRetina 10.2インチ
ディスプレイ解像度2160 x 1620 ピクセル 264ppi2160 x 1620 ピクセル 264ppi
カメラ8MP広角 f2.48MP広角 f2.4
FaceTime HDカメラ12MP超広角 f2.41.2MP f2.4
スピーカーステレオステレオ
コネクタLightningLightning
サイズ 250.6mm x 174.1mm x 7.5mm 250.6mm x 174.1mm x 7.5mm
重さWi-Fiモデル 487g Cellularモデル 498g Wi-Fiモデル 490g Cellularモデル 495g
Wi-Fiモデル 価格64GB – 39,800円 256GB – 57,800円32GB – 34,800円 128GB – 44,800円
Cellularモデル価格64GB – 56,800円 256GB – 74,800円 32GB – 49,800円 128GB – 59,800円

iPad第9世代の予想の答え合わせ

新しい第9世代iPadはだいたい予想されていた通りでしたね。

予想と違うところと言えば筐体とディスプレイサイズとFaceTimeカメラと価格くらいでしょうか。

予想ではiPad Air3 の筐体が使用され薄くなり軽量化され、ディスプレイサイズもそれに合わせて10.5インチになると予想されていました。

が発表されたのはボディもディスプレイサイズもこれまでのiPadと同じものでした。

ただディスプレイは今回周囲の環境によって表示する色温度が変化するTrue Toneに対応しましたね。

あ、そういえば価格も第8世代と据え置きだと予想されていましたね。

僕がiPad第9世代に乗り換えない理由

第9世代の内容によっては買い替えようと思ってたんですが、やめにしました。

その理由は大したことじゃないんですけどね。

Apple Pencil 第2世代に対応していない

これまでの通り、第1世代の対応となりましたね。

第2世代のApple Pencilへの対応は予想されていたわけではないんですけどね、個人的に期待していました。

まだApple Pencilを持ってないですけど、買おうと思っていてどうせなら新しいの欲しいなって。

新しいのに対応してるなら第9世代買おうっと。って思ってたんですけど市場の予想通り対応しませんでした。

Apple Pencil 第2世代に対応していないのが1番大きな理由ですね。

白のベゼルが無くなった

買い替えない大きな理由じゃないですけど、白いベゼルが好きなんですよね。

今回白が無くなったということで、今後も白がラインナップされる可能性は低いとは思うので残念だなあ。

代々iPhoneもiPadも白ベゼルを選んできたんですよね。

理由は簡単、かっこいいから。

あ、今のiPhone黒だ。

貰い物だからノーカンで。

値段が高くなった

ストレージ容量の増量に伴い値段も上がりましたね。

市場予想ではストレージは増えても値段は据え置きだったんですが、外れました。

Wi-Fiモデルで64GBが39800円、256GBが57800円。

この値段なんですが、買うとしたら256GBになるんですが微妙だなあって思います。

そもそも今のところ僕は256GB要らないんで特にそう思います。

128GBで十分なんですよね。

ということで値段も理由の1つです。

今後新モデルで値下げられることはないだろうから、値段に文句つけても仕方ない気はしますね。今後も使うなら。

そもそもiPad 第7世代で困ってない

これがいちばん大きな理由かもしれません。

iPad第7世代で何も困ってない。

今、第7世代の使い道としては

  • 電子書籍
  • 動画視聴
  • ネットサーフィン
  • ブログ執筆
  • 画像編集
  • イラスト描く
  • 動画編集

これくらいなのですが、このうち画像編集もイラストも動画編集も軽いもので、重い作業はしないので今のままで全然問題ないんですよね。

なんだかんだで一番の理由は

お金が無い!

それだけです。

お金さえあれば毎年何も考えずに新モデルに買い替えてると思います。

というかProを…。んーそこまではないかも。

今必要なら第9世代iPadは買いの機種

僕は今回は見送りましたが、今iPadを持ってない人でこれから買おうと思ってる人にはいいモデルだと思います。

買い替えと新規の購入では検討するポイントも違いますしね。

ストレージ容量が増えたことによる値上げなのでコスパ的には変わらないし。

動画をたくさん扱うなど、ストレージ容量を使う用途なら256GBモデルも全然いいですよね。

まとめ

今回の第9世代はなんだかんだといった理由で見送ることにしました。

やっぱり『今使ってる第7世代で何も不自由を感じない』というところが一番大きいかな。

来年出るであろう、第10世代という心理的節目の数字モデルに期待しつつ、今の第7世代を使っていこうと思います。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる